home care

PARTNERS

連携に対する想い

地域の役割のひとつとなるために

地域の役割のひとつとなるために

「院長からのご挨拶」でも述べました通り、療養生活には、訪問看護師をはじめ、あらゆる職種と連携し、ご家族そのものを支えられることが重要であることは言うまでもありません。

「地域医療」とはどうあるべきかと考え続けると、そもそも医療は地域のために行うものと再認識させられています。
いま私達にできることは小さなことでも、地域のひとつの役割になることができれば。
地域の医療機関・介護事業所の方々に、私たちの在宅医療に対する想いをご理解いただき、良き医療連携パートナーとして、協働してさまざまなご家族と向き合うことで、個々の「家の力」を笑顔に結びつけられる在宅医療を追求していきたいと考えています。

院長からのご挨拶はこちら

安心して連携いただくために

かとうホームクリニックでは、医療機関・介護関係者の方に安心して連携いただくため、
下記の対応に力を入れて取り組んでおります。

  • 診療開始前の十分な情報共有

    患者さんが入院中の場合は、退院前カンファレンスに必ず参加しております。入院されていない方の場合は、ご紹介元のケアマネジャーさんや、訪問看護師さんと十分な情報共有を行っております。

  • 診療内容の共有・報告

    診療内容を共有するため、毎回の診療で得た情報を、診療レポートとして患者さまに関わる医療・介護関係者へお送りしております。
    また、院内での情報共有を密に行っております。

  • 連携機関と情報共有

    連携している訪問看護ステーションと定期的にカンファレンスを行っています。例えば、Aというステーションと一緒に診ている患者さんの病状や、今後のことをすり合わせ、情報の共有をして、お互いの意思疎通を図っています。また、訪問診療がなくなった方に対しての反省・振り返りを一緒に行い、今後に活かしていきます。
    処置行為などで、お互いに勉強が必要な分野の勉強会を行っております。

  • バックアップ体制

    病状の変化によって、病院での入院治療が必要と判断される場合や、在宅で療養し続けることが困難になり、ご本人、ご家族が希望される場合は、連携する在宅療養後方支援病院や、緩和ケア病棟を有する病院をご紹介いたします。

  • 各種書類の発行

    各種公費申請・各種保険・介護保険主治医意見書・訪問看護指示書など、必要な各種書類の作成を承ります。お気軽にご相談ください

  • サービス担当者会議に積極参加

    各コメディカルと連携するために、円滑な情報共有をするために、それぞれの会議に積極的に参加しております。